wcbiptopslbg

一般社団法人日本消化管学会

COIの開示についてのお知らせ

一覧はこちら

2020/12/09

2021年度 日本気管食道科学会における研究課題の公募について

日本気管食道科学会 評議員 各位

理事長 塩谷 彰浩
臨床研究委員会委員長 藤 也寸志

日本気管食道科学会におきましては、2017年度より『臨床研究委員会』の活動を開始しました。頭頚部・気道・食道領域の複数学会の複合体としてのメリットを最大限に活かすためには、各領域に共通するテーマにおいて共同の臨床研究を計画実行することが必要です。そのために、本学会に関わる疾患の病態・診断・治療などに関して、早急に解決するべき問題点や課題についてのプロジェクト研究を推進していきます。

具体的には、年に1回、本学会評議員を対象として研究課題を以下の要領にて公募します。

詳しくは、下記の<2021年度研究課題公募要項>をご覧下さい。

2021年度研究課題公募要項(Word/23KB)

資料1:研究申請書・計画書 (Word/26KB)

資料2:HP 広報例 (PPT/48.5KB)

資料3:研究延長申請書 (Word/25.6KB)

2020/11/16

第31回日本気管食道科学会認定気管食道科専門医大会 WEB開催へ変更のお知らせ

理事長 塩谷 彰浩
会長 藤 也寸志

このたび、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、2月27日・28日に予定しております第31回日本気管食道科学会認定気管食道科専門医大会は現地開催を見送り完全WEB形式にて開催とすることを決定いたしました。
専門医大会としての性格上、本形式においても大会としての質を十分に担保できるものと確信しております。
新たな開催形式となり、皆さまには多大なるご迷惑とご不便をおかけいたしますが、有意義な大会となるよう鋭意準備を進めてまいりますので、何卒ご理解・ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

【開催形式(予定)】
完全Web形式(集合開催は致しません)
 LIVE配信(Zoom)およびオンデマンド配信
LIVE配信期間
 2021年2月27日(土)・28日(日)
オンデマンド配信期間(司会・演者の承諾を得られたセッション)
 2021年3月1日(月)12:00~15日(月)12:00

【参加(視聴)方法】
ご参加の方は大会HPからの参加登録が必要です。
事前参加登録を2021年1月下旬~2月中旬頃に行います(テキストは大会開催前までに送付)。
その後も、オンデマンド配信終了時まで参加登録は可能です(テキストは参加登録後に送付)。
LIVE・オンデマンド配信はWEB開催参加用ID・パスワードでのログインでWeb視聴が可能です。
参加登録や視聴方法の詳細は後日大会HPにてご案内いたします。

大会HP http://www.congre.co.jp/jbes31/

2020/10/23

日本気管食道科学会2020年セミナー開催(DVD配布)のお知らせ

このたび日本気管食道科学会2020年セミナーを、登録者にDVDを配布して聴講いただく形式で開催いたします。

申し込み期間 :2020年11月1日〜12月31日
DVD送付時期 :2020年12月下旬
プログラム: 日本気管食道科学会2020セミナー (PDF/647KB)

本セミナーに参加(DVD聴講お申し込み)することで、新型コロナウイルス感染症の影響により長期延期となった第72回日本気管食道科学会学術講演会に代わり、学会参加による日本気管食道科学会認定専門医の単位(A項目)が取得できます。
以下に、参加申し込みの方法と、参加費(5,000円)の振込先を記します。

参加申し込み方法: 次の1)~3)の方法から1つをお選びください。

  • 1) Google formsより電子申し込み
    次のWebサイトの必要事項をご記入ください。
    申し込みフォーム:https://forms.gle/xMmkGMEnDTxzvZzt7
  • 2) 電子メールによる申し込み
    次のメールアドレスに申込書(Excel形式)をお送りください。
    各人ファイルをお送りください。
    日本気管食道科学会2020セミナー申込書(メール申し込み用)(EXCEL/11KB)
    申し込み先メール: JBES2020@orl.med.tohoku.ac.jp
  • 3) FAXでの申し込み
    別紙申し込み用紙に記載いただき
    FAX (022-717-7307)にてお申し込み下さい。
    FAX申し込み専用(WORD/15KB)

  • 参加費振込先: ゆうちょ銀行  【記号】18160 【番号】39112641
    【口座名】第72回日本気管食道科学会
    (ダイナナジュウニカイニホンキカンショクドウカガッカイ)
    他金融機関からのお振込みの場合
    【店名】八一八(ハチイチハチ) 【店番】818 【預金項目】普通預金
    【口座番号】3911264
    個人名でお振込みをお願いいたします。


    お申し込み・振込状況を確認し、DVD送付と単位認定を行います。会員の皆様にはお手数をおかけしますが、ふるってご聴講をお願い申し上げます。

    日本気管食道科学会2020年セミナー事務局
    香取幸夫、大越 明
    東北大学耳鼻咽喉・頭頸部外科内
    TEL 022-717-7304
    JBES2020@orl.med.tohoku.ac.jp
    担当者:及川、大越、太田

2020/06/19

第72回日本気管食道科学会学術講演会の延期に関するお知らせ

第72回日本気管食道科学会総会・学術講演会
会長 香取 幸夫

このたび新型コロナウイルス感染症が各地で散発・遷延する状況と、本学会が感冒流行期の始まる11月を開催時期とすることを考慮して、11月3日~4日に予定しておりました第72回日本気管食道科学会学術講演会を来年度以降に長期延期することにいたしました。また同日程で予定しておりました理事会、評議員会、総会に関しては、オンライン開催やハイブリッド開催を検討しておりますので、別途日程などご案内いたします。
なお本年度の学会参加による日本気管食道科学会認定専門医の単位(A項目)に関しては、在宅等で受講できる小セミナーを今秋~冬に実施することを検討しております。日本気管食道科学会のHPならびに会報において情報を提供してまいります。

すでに一般演題をご登録いただきました多くの先生方、ならびに学会開催に向けてご尽力をいただきました関係の皆様に深くお詫びを申し上げます。今般の社会情勢を鑑みて、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

2019/12/05

2020年度 日本気管食道科学会における研究課題の公募について

日本気管食道科学会 評議員 各位

理事長 塩谷 彰浩
臨床研究委員会委員長 藤 也寸志

日本気管食道科学会におきましては、2017年度より『臨床研究委員会』の活動を開始しました。頭頚部・気道・食道領域の複数学会の複合体としてのメリットを最大限に活かすためには、各領域に共通するテーマにおいて共同の臨床研究を計画実行することが必要です。そのために、本学会に関わる疾患の病態・診断・治療などに関して、早急に解決するべき問題点や課題についてのプロジェクト研究を推進していきます。

具体的には、年に1回、本学会評議員を対象として研究課題を以下の要領にて公募します。

詳しくは、下記の<2020年度研究課題公募要項>をご覧下さい。

2020年度研究課題公募要項(Word/23KB)

資料1:研究申請・審査・発表の流れ(PPT/79KB)

資料2:研究申請書・計画書 (Word/41KB)

資料3:HP 広報例 (PPT/71KB)

<参考>現在までに採用された課題は以下の通りです。
【2017年度】
① 非腫瘍性の気管食道瘻の発生頻度や治療法に関する全国実態調査
竹内 裕也 先生 (浜松医科大学第二外科)
② 咽頭・喉頭・気管狭窄に関する全国疫学調査
大森 孝一 先生 (京都大学耳鼻咽喉科)
③ 降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究
杉尾 賢二 先生 (大分大学呼吸器・乳腺外科)

【2018年度】
① 頸部食道癌に関する全国実態調査
朝蔭 孝宏 先生 (東京医科歯科大学頭頸部外科)

【2019年度】
① 一側性声帯麻痺の治療法に関する全国疫学調査
折舘 伸彦 先生(横浜市立大学耳鼻咽喉科)
② 喉頭乳頭腫に関する全国疫学調査
室野 重之 先生(福島県立医科大学耳鼻咽喉科)
③ 上縦隔気管切開孔造設手術(AMT)の現状に関する後方視的調査
益田 宗幸 先生(九州がんセンター頭頸科)

2019/07/23

【ビボナ気管切開チューブ】供給再開のご案内
ビボナ気管切開チューブの供給を再開しました。
詳しくは添付資料をご覧ください。

 【ビボナ気管切開チューブ】供給再開のご案内(PDF/359KB)

2019/03/08

【ビボナ気管切開チューブ】供給一時停止のご案内
詳しくは添付資料をご覧ください。

 【ビボナ気管切開チューブ】供給一時停止のご案内(PDF/415KB)

2018/12/05

2019年度 日本気管食道科学会における研究課題の公募について

日本気管食道科学会 評議員 各位

理事長 塩谷 彰浩
臨床研究委員会委員長 藤 也寸志

日本気管食道科学会におきましては、2017年度より『臨床研究委員会』の活動を開始しました。頭頚部・気道・食道領域の複数学会の複合体としてのメリットを最大限に活かすためには、各領域に共通するテーマにおいて共同の臨床研究を計画実行することが必要です。そのために、本学会に関わる疾患の病態・診断・治療などに関して、早急に解決するべき問題点や課題についてのプロジェクト研究を推進していきます。

具体的には、年に1回、本学会評議員を対象として研究課題を以下の要領にて公募します。

詳しくは、下記の<2019年度研究課題公募要項>をご覧下さい。

2019年度研究課題公募要項(Word/22KB)

資料1:研究申請・審査・発表の流れ(PPT/79KB)

資料2:研究申請書・計画書 (Word/41KB)

資料3:HP 広報例 (PPT/71KB)

<参考>現在までに採用された課題は以下の通りです。
【2017年度】
① 非腫瘍性の気管食道瘻の発生頻度や治療法に関する全国実態調査
竹内 裕也 先生 (浜松医科大学第二外科)
② 咽頭・喉頭・気管狭窄に関する全国疫学調査
大森 孝一 先生 (京都大学耳鼻咽喉科)
③ 降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究
杉尾 賢二 先生 (大分大学呼吸器・乳腺外科)

【2018年度】
① 頸部食道癌に関する全国実態調査
朝蔭 孝宏 先生 (東京医科歯科大学頭頸部外科)

2017/12/06
2018年度 日本気管食道科学会における研究課題の公募について

日本気管食道科学会 評議員 各位
理事長 桑野 博行
臨床研究委員会委員長 藤 也寸志

日本気管食道科学会におきましては、昨年度より『臨床研究委員会』の活動を開始しました。頭頚部・気道・食道領域の複数学会の複合体としてのメリットを最大限に活かすためには、各領域に共通するテーマにおいて共同の臨床研究を計画実行することが必要です。そのために、本学会に関わる疾患の病態・診断・治療などに関して、早急に解決するべき問題点や課題についてのプロジェクト研究を推進していきます。

具体的には、年に1 回、本学会評議員を対象として研究課題を以下の要領にて公募 します。

詳しくは、下記の<2018年度研究課題公募要項>をご覧下さい。

2018年度研究課題公募要項(Word/39KB)


資料1(改):研究申請・審査・発表の流れ(PPT/159KB)

資料2:研究申請書・計画書 (Word/47.5KB)

資料3:HP 広報例(PPT/138KB)

<参考>2017年度採用課題は以下の通りです。
① 非腫瘍性の気管食道瘻の発生頻度や治療法に関する全国実態調査
  竹内 裕也先生(浜松医科大学第二外科)
② 咽頭・喉頭・気管狭窄に関する全国疫学調査
  大森 孝一 先生(京都大学耳鼻咽喉科)
③ 降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究
  杉尾 賢二 先生(大分大学呼吸器・乳腺外科)

2017/12/06
投稿規定13 が変更になりました
新しい投稿規定は2018年1月1日以降の投稿に適用されます
2017/12/01
「20th WCBIP/WCBE World Congress」のお知らせを載せました
2017/11/15
2017年度採用の臨床研究課題を載せました
2017/04/28
臨床研究法の公布について
厚生労働省より「臨床研究法の公布」について通知がありました。
詳細は PDF をご覧ください。
2016/12/12
2017年度 日本気管食道科学会における研究課題の公募について

日本気管食道科学会 評議員 各位
理事長 桑野 博行
臨床研究委員会委員長 藤 也寸志

日本気管食道科学会におきましては、本年度より『臨床研究委員会』の活動を開始します。頭頚部・気道・食道領域の複数学会の複合体としてのメリットを最大限に活かすためには、各領域に共通するテーマにおいて共同の臨床研究を計画実行することが必要です。そのために、本学会に関わる疾患の病態・診断・治療などに関して、早急に解決するべき問題点や課題についてのプロジェクト研究を立ち上げます。

具体的には、年に1 回、本学会評議員を対象として研究課題を以下の要領にて公募 します。

詳しくは、下記の<2017年度研究課題公募要項>をご覧下さい。

2017年度研究課題公募要項(Word/40.5KB)


資料1(改):研究申請・審査・発表の流れ(PPT/159KB)

資料2:研究申請書・計画書 (Word/47.5KB)

資料3:HP 広報例(PPT/138KB)

2016/04/19
このたびの「平成28年熊本地震」により被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。また、被災地で救助および復興活動にご尽力いただいている皆さまに深く敬意を表させていただきます。
震災が一日も早く終息致しますこと、被災地の復興と皆さまの安全を心よりお祈り申し上げます。

特定非営利活動法人 日本気管食道科学会理事長 桑野博行
2015/12/21
第26回専門医大会日程表の訂正
会報第66巻6号の第26回日本気管食道科学会認定気管食道科専門医大会日程表の日付に誤りがありましたので、以下の通り訂正いたします。
2015年2月21日(土) → 2016年2月20日(土)
2015年2月22日(日) → 2016年2月21日(日)
また学会奨励賞受賞記念講演の司会が岸本誠司先生から赤柴恒人先生に変更になりました。
2015/09/29
医療事故調査制度が10月1日から開始されますので、お知らせいたします。
なお、関連URLは下記の通りです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000061201.html
2015/08/10
日本医療安全調査機構(http://www.medsafe.jp)から「胸骨骨髄穿刺検査時の大血管損傷のリスク(症例報告No.3)」が配信されました。
2015/07/16
日本がん治療認定医機構からのお知らせ

一覧はこちら

2021/10/25
学会誌「第72巻 第5号」が掲載されました。
2021/08/25
学会誌「第72巻 第4号」が掲載されました。
2021/08/20
「学会総会」を更新しました。
2021/06/25
学会誌「第72巻 第3号」が掲載されました。
2021/04/26
学会誌「第72巻 第2号」が掲載されました。
2021/04/01
「専門医大会」を更新しました。