一般のみなさまへ

気管食道科に関連する疾患・症状

異物

異物とは

食物やそれ以外のものが空気の通り道である気管や肺にはいったり、食道の入り口や食道に詰まってしまい動かない状態となることが気道または食道異物です。このページでは代表的な異物について説明します。

異物にはどのようなものがある?

いろいろな分け方があるのですが、ここでは大きく分けて食べ物とそれ以外について紹介します。

【 食べ物 】

もっともよく知られているのは魚の骨です。大人から子供まで症状が起こりますが、小骨の場合気がつかないで飲み込んでしまう場合がありますが、ある程度の大きさ、硬さの骨を飲み込むと胃に落ちる途中で引っかかってしまいます。もっともよく見られるのは口蓋扁桃です。扁桃腺と呼ばれることもあり、写真の矢印のところ(下記図1)です。その他に舌根扁桃という舌の奥の部分や下咽頭という食道の手前ののどの部分によく引っかかります。症状は痛みですが、とくに飲みこむときに痛みを覚えます。みえる部分であればピンセットなどで取ることも出来ますし、またうがいをすると外れて出てくることもありますが、ご飯などを丸呑みして飲み込んでしまうことは却って異物を奥に刺してしまうので避けて下さい。刺さった骨の部分から感染を引き起こし頸部膿瘍や縦隔炎といった重大な合併症を起こすことがあります。

そのほか大きな肉の塊や肉の骨などをよくかまずにのんでしまい、食道に詰まってしまうことがあります。この場合は胸焼けや胸の違和感を強く訴えます。 (動画1:イカの塩辛異物

【 食べ物以外 】

食べ物以外では入れ歯や歯の詰め物と言った歯に関連するものが、よく見られます。また、歯科治療中に歯科材料がのどに落ち込んで異物となることもあります。

そのほか見られる代表的なものは薬ですが、薬の粒そのものが大きくて飲み込みきれない場合と薬のパッケージ(PTP: Press Through Package)の場合があります。乳児の場合は硬貨、ボタン電池、おもちゃなどがあります。

どうすればいい?
【 起こさないためには(予防) 】

これらの異物は大きな問題を起こしますが、それぞれについて予防することが可能です。

魚の骨も肉塊も含めてよく噛んで、慌てて飲み込まないことです。もし、飲み込む前に違和感を感じたら、マナー違反には目をつぶってそのまま吐きだして下さい。肉は小さく切り、魚の骨は食べる前によく外すようにしてください。小さなお子さんに食べさせるときは特に親御さんが注意してください。
小さいお子さんがいるおうちでは床などにお金や小さなおもちゃなどを散らかしておかないようにしましょう。
お年寄りでは入れ歯の管理、さらに薬をのませるときにはしっかり見ていてください。お年寄りは口やのどが乾燥しがちですので、たっぷりの水や白湯でのませるようにしてください。
【 飲み込んでしまったら 】

慌てずに、無理に飲み込んだりしないようにしてください。また、何を飲み込んでしまったかによって対応が異なります。電池などではレントゲンに写るためその後の診断に役に立ちます。魚の種類がわかれば、異物を探すときの参考になります。小さいお子さんの時は飲み込んだと思われるときの周囲の状況、床に何が散らばっていたか、おもちゃから電池が抜けていないか、などが重要な情報となります。お年寄りの場合、普段飲んでいる薬があれば、同じ薬を持ってきていただくと診断の参考となります。入れ歯が無くなったと思ったら飲み込んでいたと言うこともありますので、入れ歯が残っていないかよくチェックをしましょう。その上で、症状が取れなければ近くの耳鼻科などの医療機関を受診してください。

【 動画1:イカの塩辛異物 】